VALXのグルタミンをレビュー!気になる味や適切な水の量を解説!

サプリ
スポンサーリンク

今回はVALXのグルタミンパウダーを実際に使ってみた感想を書きます!

VALXのグルタミンが気になっている人やそもそもグルタミンについて詳しく知らない人にも分かりやす内容になっていますので是非最後まで読んでみてください。

本記事の構成
  1. そもそもグルタミンとは
  2. VALXグルタミンパウダーのレビュー
  3. VALXグルタミンパウダーは使うべき

このような構成で進めていきます。

そもそもグルタミンとは

まずはグルタミンとはどういうものでどのような効果があるのか解説していきます。

グルタミンの効果

グルタミンの効果は以下の通りです。

  • 筋肉の分解を抑制する
  • 消化機能の促進
  • 免疫力や回復力UP

体に好影響なのが一目瞭然だと思います(笑)

グルタミンはアミノ酸の中でも最も体内に多い非必須アミノ酸の1種で、血液や筋肉の中の6~7割を占めている大変重要なものです。

非必須アミノ酸は体内で作ることのできるアミノ酸ですが、筋トレのような激しい運動の後や風邪を引いたとき、ストレスを感じたときなどに減少します。

ですから、筋トレで日常的に筋肉に負荷をかけている人はグルタミンを食事以外からも定期的に摂取する必要があるわけです。

グルタミンを飲むタイミング

結論から言うと、グルタミンは筋トレ直後に飲むのが正解です。

筋トレ直後は、筋肉が分解を始めているため素早い栄リカバリーが大切です。

筋トレ直後のリカバリーはプロテインを飲むんじゃないの?

こんな風に思われた方が結構多いと思います。

筋トレ直後にプロテインを飲むのも間違いではありませんが、以外と知られていない落とし穴もあります。

筋トレ直後にプロテインを飲むべきではない理由とグルタミンを飲むべき理由についてこちらの記事でまとめてありますので、是非参考にしてみてください。

VALXグルタミンパウダーのレビュー

VALXグルタミンパウダーのパッケージ

実際にVALXグルタミンパウダーを使ってみて感じたことは以下の3つです。

  • 水に溶けやすく飲みやすい
  • 値段も安くてまとめ買いもできる
  • 味はなにもしない(笑)

水に溶けやすく飲みやすい

まず感じたことは、VALXグルタミンパウダーは水に溶けやすく非常に飲みやすいです!

後味もすっきりしており、プロテインようにダマになることもなければ、EAAのように口に少し残る感じも一切ありませんでした。

色々と水の量を調整して試しましたが、1番美味しく飲めたのは付属スプーン擦り切れ2杯に対して水を300ml入れたときです!

VALXグルタミンパウダーのスプーン
まる
まる

パッケージには水の適量が記載されていないので、自分にぴったりの黄金比を見つけてみてください!

値段も安くてまとめ買いできる

VALXのグルタミンパウダーは、プロテインやEAAに比べて比較的安く、1袋2000円前後なのでまとめ買いにおすすめです!

袋も小さくコンパクトで、置き場所にも困りませんよ(^^)/

VALXは筋肉界のレジェンドである山本義徳先生が監修しているので、効果の信頼できるグルタミンパウダーがこの値段で飲めるのは嬉しいですね!

味はしない

グルタミンの味が気になるという方は多いのでは意外とないのでしょうか?

結論から言うと、グルタミンは味付け等は一切なく無味無臭の粉末です(笑)

強いて言うなら少し味が濃くなった水という感じです。

最近のプロテインやEAAはメーカーからいろいろな味が出ているのでいかに美味しいフレーバーを選べるかという部分が大事になってくると思います。

実際ハズレの味というのはどうしてもありますからね、、

VALXグルタミンパウダーの飲み方

グルタミンは水等に溶かしてということなので、アクエリアスと一緒に飲みました!

中々美味しかった(ほぼアクエリアスと同じ)なのでどうしても美味しく飲みたい!という人はアクエリアス等のスポーツ飲料に溶かして飲むとよいですよ(^^)/

VALXグルタミンパウダーは使うべき

実際に使ってみてVALXグルタミンパウダーは非常におすすめできるものだと感じました!

筋疲労の軽減や筋肉痛の回復速度も早まったと感じたので、中々筋トレの疲労感が抜けない人や筋肉痛が治らない人は一度試してみるとよいかもしれません!

他にも、消化をしないで直に筋肉や血液に運ばれるため筋トレ後の消化不良も起こさなくなりました!

まる
まる

昔は筋トレ後によく消化不良を起こしていました、、

メリットだらけのVALXグルタミンパウダーを皆さんも是非使ってみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました