【2023年最新】筋トレが続かない理由は○○だった!筋トレを習慣化する方法を伝授!

筋トレ
スポンサーリンク

筋トレが中々続かないんだけど、何か習慣化する良い方法ないの?

今回はこんな疑問や悩みを解決します。

筋トレって中々続かないですよね?

筋トレは激しい運動なので、どうしても「つらい」、「苦しい」という感情が出てきてしまい、「今日はいいやぁ、明日にしよ(‘ω’)」

なんて風になりがちです。

あなたもこの後回しが続いて、気づいたときには筋トレが全く続かなり、自己嫌悪に陥っている状態だと思います。

しかし、筋トレが続かない理由はあなたがだらしないからではありません。

結論から言うと、筋トレは義務感を無くしてあげればあっという間に習慣化できます!!

ということで今回は、筋トレをいかに義務感を無くして楽しく続けられるか、習慣化のコツと共に解説していきます(^^)/

筋トレが続かない理由は義務感にある

改めて、筋トレが続かない最大の理由は義務感にあります。

  • 筋トレをやらなければ、、
  • いついつまでに痩せなければ、、

こんな感情に一度なってしまうと、筋トレそのものが苦になり、続けるのが億劫になってしまいます。

本来、筋トレなどの運動は自分の体の変化を楽しむものであって、自分を苦しめていては本末転倒ですよね?

だからこそ、この義務感という感情をなくす必要があるんです。

では、筋トレに対する義務感はどうすればなくなるのか。

義務感から解放されるおすすめの方法は以下。

  • 1日の筋トレ時間を短くする
  • 筋トレをしない日を設ける
  • 誰かと一緒に筋トレをする

それぞれ具体的に解説していきます。

1日の筋トレ時間を短くする

筋トレが続かないあなたは、1日の筋トレ時間が長いのが理由かもしれません。

1日1~2時間も最初の内から筋トレしていては、心身ともに苦しくなるのは明白です。

最初の内は1日10分からでも構いません。

  • 今日は腹筋ローラーだけ!
  • 今日はスクワット10回3セット!

こんな風に、今の自分が確実に達成できる目標を設定し、

「自分は筋トレを続けられる人間なんだ!」

と小さな成功体験を脳に刷り込ませていきましょう。

まずは、インナーマッスルを鍛える体幹トレーニングから始めてみても良いかもしれませんね。

筋トレをしない日を設ける

筋トレをしない日を設けることも、筋トレを続ける上で欠かせない要素です。

あなたは、筋トレを毎日続けなければ結果は出ないと思っていますか?

結論から言うと、それは大きな間違いです。

筋トレを長期的に見た時、休息という作業は筋トレ以上に大事になってきます。

休息日を一切設けずに筋トレをするのは、以下のようなデメリットがあります。

  • 筋肉が成長しない(むしろ筋肉が減る)
  • 筋肉痛が治らない

筋肉は分解と合成を繰り返して少しずつ成長していきます。

以下のような解釈をしていただくとイメージしやすいと思います。

筋トレ→筋肉を分解

休息→筋肉を合成

この筋トレに耐えれる筋肉に成長しないと!!

つまり、筋トレで分解された筋肉は休息があって初めて合成されて成長します。

休息をとらなければ筋トレをしても意味がありません。

また、筋肉痛が治っていないときの筋トレは心身ともに筋トレ初心者にとってはかなり苦しいもの。

それだけで筋トレが続かない理由にもなってしまいますので、筋苦痛のときは必ず休息に徹しましょう。

筋肉界のレジェンドである山本義徳先生も、以下の動画で休息の必要性について解説しています。

誰かと一緒に筋トレをする

筋トレを1人で続けるのは正直苦しいですよね。

自分の筋トレの成長や成果を報告し合える存在があるだけでも、筋トレは何倍も続けやすくなります。

例えば、友人を誘って一緒にジムなどで筋トレをするのは最もハードルが低いでしょう。

また、周りに筋トレをしている友人がいない人は、プロのトレーナーによるパーソナルトレーニングもおすすめです。

パーソナルトレーニングのメリットは以下。

メリット
  • 自分のレベルにあわせた最適な筋トレがおこなえる
  • プロの元で正しいフォームや重量設定の指導を受けられるので成長率が速い
  • 器具やマシンが豊富にそろっているため効果的な筋トレが可能
  • 完全個室なので人の目が気になる筋トレ初心者も安心

こちら↓の記事で僕のおすすめのパーソナルトレーニングジムであるBEYONDジムについてレビューしているので気になる人は是非参考にしてみてください。

また、中々家の近くにパーソナルトレーニングジムがないという人は、オンラインパーソナルトレーニングもおすすめです。

オンラインパーソナルトレーニングは、対面式のパーソナルトレーニングに加えて自宅で本格的なトレーニングができるというメリットがあります。

こちら↓の記事でおすすめのオンラインパーソナルトレーニング5選を紹介しているので、気になる人は是非参考にしてみてください。

筋トレを続けるのは習慣化してしまえば簡単

義務感から解放されたら、あとは筋トレを継続するだけです。

継続できないから困ってるんですけど~

継続ってちょっとハードル高いですよねこの言葉(笑)

ストイックなイメージがぷんぷんします(笑)

しかし、そんな筋トレの継続も習慣化してしまえば、何の苦もなく続けられます。

例えば、あなたは毎日ご飯を食べたり、お風呂に入ったり、歯を磨いたりしていますよね?

それと全く同じで筋トレも生活の一部として習慣化してしまえばいいのです。

まる
まる

筋トレをしないと落ち着かないという域まで到達すれば習慣化は確実にできています!

習慣化することで、感情に左右されることなく筋トレを1つのライフワークにできます。

筋トレを習慣化するおすすめの方法は以下。

  • 具体的な目標を定める
  • 決められた時間におこなう
  • 多くの種目を取り入れてマンネリ化を防ぐ

詳しくは、こちら↓の記事で筋トレを習慣化するマインドとして解説しているので是非参考にしてください。

筋トレを楽しく継続して習慣化しよう

今回のまとめです。

筋トレが続かない理由は義務感にあるのでそれを解放すればOK

  • 1日の筋トレ時間を短くする
  • 筋トレをしない日を設ける
  • 誰かと一緒に筋トレをする

筋トレは習慣化で簡単に継続できる

  • 具体的な目標を定める
  • 決められた時間におこなう
  • 多くの種目を取り入れてマンネリ化を防ぐ

筋トレが続かない理由は決してあなたの意志が弱いとか、継続力がないとかではありません。

大事なのは、自分のレベルにあわせて筋トレを楽しく続けられる仕組みを作ってしまうこと。

是非、これを参考に楽しい筋トレライフを送ってくださいね!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました