【2023年最新】自宅トレに超おすすめのトレーニングベンチFLYBIRDを紹介!

筋トレ器具
スポンサーリンク

そろそろ本格的に筋トレしたいな~
自宅にトレーニングベンチを導入したいんだけどどんなのがあるの?

筋トレ初心者の方で自重トレーニングに慣れてくると、本格的な筋トレに挑戦したくなりますよね。

そこで今回は、こんな悩みや疑問を解決するおすすめのトレーニングベンチを紹介します!

トレーニングベンチを使うことで筋トレの幅が一気に向上しますよ(^^)/

実際に今回おすすめするトレーニングベンチを2年間使ってきた感想とともに、メリットやデメリットもふまえてしっかりとお伝えしていきます!

おすすめトレーニングベンチFLYBIRD

今回紹介する商品は、FLYBIRDというトレーニングベンチです。

いわゆるインクラインベンチと言われるトレーニングベンチで、種目に合わせて自分の好きな角度に調節ができるのが特徴ですね(^^)/

FLYBIRDのスペック
  • 本体サイズ:107cm*32cm*90cm
  • 耐荷重:270KG
  • 本体重量:8.5KG
  • 身長範囲:150cm~180cm
  • 折りたたみサイズ:80cm*30cm*32cm
  • 価格:9980円~

FLYBIRDのメリット

FLYBIRDのメリットは以下の4つ。

  • 安心できる耐久性
  • 幅広い調節角度
  • 動作の制御をしないシートサイズ
  • 圧倒的なコスパの良さ

頭の部分に飛んでる鳥(FLYBIRD)がいてなんかかわいいです。

話が逸れました(笑)それでは、FLYBIRDを2年間使った中で感じたメリットをたくさん紹介していきます!

安心できる耐久性

2年間、何の故障も無く使い続けられているのが強い耐久性を証明しています。

自宅で扱っているダンベルと自分の体重の総重量が145kg程ですが、耐荷重は270kgなのでかなり安心してトレーニングに集中できますよ(^^)/

調節可能な角度の幅が広い

FLYBIRDは、このように合計で6か所に角度調節用の止め具が付いています。

インクライン系の種目からフラット系、デクライン系の種目まで幅広く対応しているので、トレーニングのバリエーションが一気に広がりますよ(^^)/

普段刺激を与えられていない部位まで効かせられるので筋肉痛間違いなしです( ;∀;)

可動域を制御しないシートサイズ

FLYBIRDのシートの幅は、狭すぎず広すぎずといったサイズ感で凄く気に入っています!

まる
まる

安定して座れる上に、動作の邪魔にもならないのでおすすめです!

他のトレーニングベンチのスペック表や画像をみると、明らかにシートの幅が広い、、というものが結構あります(-_-;)

ダンベルプレスやダンベルフライのときに胸のストレッチ域が制限されて筋肥大に影響が出るので、幅が広すぎるベンチはおすすめしません。

圧倒的なコスパの良さ

FLYBIRDはAmazonで9980円~販売されています。

トレーニングベンチはピンからキリまで様々な種類のものが販売されていますが、安いものはどれも耐荷重が200kg以下だったり、角度の調節可能域が狭い商品が多いのが実際のところです(´;ω;`)

値段が高いトレーニングベンチは、さらに多くの種目ができるような機能を付けています。

ですが、これから本格的に筋トレに取り組みたいという初心者の方には少しオーバースペックな印象もあります、、

まる
まる

FLYBIRDは本格的に使える十分なスペックで、尚且つ10000円以下で買えるコスパのよさが本当におすすめです!

FLYBIRDのデメリット

メリットを多く上げてきましたが、FLYBIRDには使っていくうえでのデメリットもあります。

デメリットは以下の3つ。

  • スペースはどうしても取る
  • 頭側に体重を乗せすぎると危険な仕様
  • 高身長の人にはやや小さい設計

コンパクトにたためるけどやっぱりスペースはとる

FLYBIRDはある程度コンパクトに折りたためるので収納に困りません!

と言いたいところですが、やはりトレーニングベンチなだけあってそれなりに大きいです、

筋トレ専用部屋を確保できている人にはもってこい!のトレーニングベンチですが、、

スペースが限られている人や、生活スペースで筋トレしている人はもしかしたら邪魔だと奥さんに怒られるかもしれません(笑)

頭側だけに体重をかけると危険

FLYBIRDは、頭側だけに体重をかけるとベンチが勢いよく折りたたまれてしまいます

ここを強く押すとアクロバティックな体型になります。

まる
まる

僕はブルガリアンスクワットのとき、これにやられて思いっきり膝を打ちました、

これは、FLYBIRDの構造上仕方のない点ですが、気を付けなければケガに繋がる部分でもあります、

使用する時は必ず正しい向きで行い、脚を乗っける際も向きを間違えないようにしましょう。

高身長の人にはやや小さい

FLYBIRDは、身長範囲:150cm~180cmというスペックなので、高身長の人にはやや小さいかもしれません。

まる
まる

僕が177cmでまだ余裕があるので、185cmくらいまでなら普通に使えると思いますよ!

185cm以上の人は、頭がはみ出してトレーニングを安全に行えないので、もう少しサイズの大きい別のベンチを使うことをおすすめします!

結論:FLYBIRDは筋トレ初心者にはおすすめのトレーニングベンチ

今回のFLYBIRDの特徴についてまとめです!

  • 耐久性はあるが体重の乗せ方には注意が必要
  • 調節可能な角度が幅広い
  • 座面の座り心地も良くシート幅もちょうど良い
  • Amazonで9,980円~のコスパの良さ
  • スペースはやや取るので人によっては置く場所に困る
  • 平均的な日本人の身長なら基本的に使える

これから本格的に筋トレに取り組みたい人、トレーニングのバリエーションを広げていきたい人は是非試してみてくださいね(^^)/

それでは今回はここまでです!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました